AL認証について


アクティブレジャー認証は、健康運動サービスの品質を評価し、
公表することで、サービス品質の可視化を行う日本規格協会の
第3者認証サービスです。

※健康運動サービス:健康維持・増進、生活習慣病予防・介護予防などを目的として利用される医療・介護保険外の運動サービス
~サービス品質の可視化により、ヘルスケア市場におけるプレゼンス向上を!~
政府の成長戦略「日本再興戦略」で、国民の健康寿命の延伸がテーマに掲げられるなど、成長が期待されるヘルスケア産業。特にヘルスケアサービスは、地域の活性化、医療費・介護費の適正化の観点からも、大きな期待が寄せられています。政府は需要拡大のためには、サービス利用の判断基準となる仕組みが必要として、健康運動サービスの品質評価制度の創設を決定。平成26年度の経済産業省の事業(※)により、アクティブレジャー認証として制度設計がなされました。この認証は、あらゆる業種・業態・規模の運動サービス提供者が活用でき、信頼性・客観性を持ってヘルスケア市場におけるプレゼンスを向上させることができます。将来に向けたビジネスの戦略的な展開、さらには変化に強い組織作りに、是非お役立てください。

※ヘルスケア産業の一層の拡大を通じた、国民の健康増進、医療費・介護費適正化という好循環を生み出すことを狙いとして、内閣府の次世代ヘルスケア産業協議会で、健康運動サービスの品質評価制度を構築するための検討が行われました。これを受け、経済産業省の委託事業「平成26年度健康寿命延伸産業創出推進事業」の一環として、健康マネジメント標準化コンソーシアム(代表団体:日本規格協会、参加団体:㈱コスモプラン、(一社)日本総合健診医学会)が「疾病予防向けアクティブレジャー事業者の品質評価・認証事業」を受託し、制度構築を行いました。

認証のメリット

認証の主なメリットは、第3者による品質評価結果(サービス品質の可視化)を活用し、ヘルスケア市場における自社のサービス商品の良さ、サービス提供能力の高さを示すことができることです。自社のプロモーションや業界自主基準への適合に比べ、より客観性・信頼性をもって以下の情報を対外的に発信し、一般消費者、健康運動サービスの活用者(行政の健康増進・介護予防部門、健康保険組合などの保険者、健康経営企業)、競合他社、潜在的パートナー企業等に対して、能力を訴求することができます。

アクティブレジャー認証スキーム

認証対象:
アクティブレジャー商品を提供する法人格を有した事業者(ただし、申請要件の欠格事由に抵触しない組織)
認証単位:
事業所(店舗)単位
認証範囲:
認証された事業所、及び当該事業所が登録申請し、登録済みのアクティブレジャー商品
認証の有効期限:
認証日より3か年。毎年一回サーベイランスを実施し、3年ごとに更新。
認証審査の方式:
以下の「品質評価の方法について」の項を参照。
※アクティブレジャー商品には、2つの商品類型と2つの商品登録方式があり、事業展開に応じて、選択・ご利用いただけます。
  • 商品類型(運動効果による分類):生活習慣病予防向け商品、介護予防向け商品 ⇒詳しくはこちら
  • 商品登録方式(結果の評価をうける単位による分類):単一型アクティブレジャー商品、包括型アクティブレジャー商品⇒詳しくはこちら

品質の評価方法について

サービス品質の評価は通常、サービスを利用した後に評価する方法(サービスの事後評価)が用いられます。しかし、サービスを利用する前にそのサービスの品質がわからなければ、利用者は安心、信頼してサービスを利用することができません。そこで、アクティブレジャー認証では、審査を通じて2つのフェーズで品質を評価し(「サービス品質の事前評価」と「サービス品質の事後評価」)、事前・事後における評価結果を、利用者や認証制度の活用者(自治体や保険者)をはじめ、社会に対して公表します。 1年目に実施する初回審査が、「サービス品質の事前評価」にあたります。2年目以降は、毎年定期審査を実施します(サーベイランス)。これが「サービス品質の事後評価」にあたります。各審査の評価対象は、以下の通りです。

初回審査について

初回審査は、「内容の評価」(商品の登録確認)、及び「仕組みの評価」(当該商品を提供する事業所の能力評価)の2点を評価対象として実施します。事業所の能力評価は、商品提供の体制、業務手順、資源の運営管理の仕組みなどを対象に、業務プロセスを評価することで行います。当会は、認証基準を満たした場合、事業所に対して認証を付与し、アクティブレジャー商品の登録を行い、認証事業所名及び登録商品情報をWEBサイト等で公表します。

サーベイランスについて

サーベイランスでは、初回審査で実施した「内容の評価」、「仕組みの評価」に加えて、「結果の評価」も合わせた3点が評価対象となります。商品登録された各商品について、利用者の満足度などの知覚データ、利用者の運動効果に関する計測データを収集し、パフォーマンス(提供結果)を評価し、かつ評価結果をWEBサイトで公表します。

これにより認証事業所は、単に認証されたという事実を対外的に示すだけではなく、第3者が公表する「結果の評価」を自らのサービス提供能力や商品の良さを示すためのツールとして活用することができます。

アクティブレジャー認証の認証マーク(AL認証マーク)は、認証事業所であることを示す「事業所マーク」、アクティブレジャー商品として登録されたことを示す「商品マーク」の2種類があります。 認証事業所はAL認証マークを活用して、対外的な認知度を向上させることができます。